アコムなどで多く採用されるリボルディング払い法

キャッシングの返済内容は、会社の方針に応じてだいぶへだたりがありまして、いろんなやりようが選ばれてます。82-19-37

一般的なところではスライド法やリボルディング払い法などが多く採用されているみたいです。82-14-37

こういった誰もがわかっているリボルディングでも、本当を言えば算定形式におおくの種別といったものがあったりします。82-6-37

ですからしかような方法に応じて支払合計額が異なってきてしまいますので理解していて損なことはないはずです。82-20-37

では理解しやすくこの2つのメソッドの相違に関して解説していきましょう。82-4-37

一つ目は元金均等払い、その次は元利均等払いです。82-8-37

両者はその名を冠する通り、元金に関してを一様にして返済していくという方式と元金と利率についてをあわせて均一に払っていくという様式です。82-10-37

この場では仮に10万円借り入れたというように、実際上どういう勘定をしていくのか試してみます。82-15-37

利子については双方とも15%というふうに算定します。82-13-37

それからリボの引き落としは1万円と仮定して算定します。82-18-37

ともかく元金均等払いのほうからです。

こんな時のはじめの返済は1万円に利率分の1250円を足した額になります。

その次の支払は1万円に対して利率の1125円を加えた支払額へとなるのです。

こうして全10回にて支払いをし終えると言う手法となります。

他方元利均等払いというのは1回目の引き落しについては1万円ですがそこから元金に8750円金利へ1250円というように割り振るのです。

2回目の返済に関しては元本が8750円に減った状態で利子を算出して1万円を更に分配します。

いわば元利均等払いの場合では10回で支払が完済しない算定になってしまうのです。

こればかりの差異で両者がどれほど異なっているか分かって頂けたでしょう。

元利均等とは元金均等に比較して明らかに元本が減っていくのが緩やかと言う難点といったものがあったりします。

詰まるところ利率といったものを余分に支払うと言う状態になったりするのです。

一方で最初の引き落しが些少な金額で済んでしまったというようなメリットというものもあります。

こういう支払い方式についての違いに連動して、引き落し額が変わってくるのでご自身の嗜好に合致する方法を取るようにしてみてください。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.serce-jezusa.info All Rights Reserved.