そういう状況では最初に持ったポジションと全部で

一般的なFXの教科書では「損失が生じたケースではナンピン買いをすることによってポジションの買い付けコストを抑える」などと述べられていたりしますがこれにはかなりの危険がある。海信ゼミ4期

最初に、ナンピンの原理に関してごく簡単に説明しておこう。フリー se 相場

一例として1ドル100円でドルを買ったとします。竹の子の保存方法

$買いですので円安ドル高になるほど利益が大きくなるわけですが運悪く1ドル=95円まで円高・ドル安に振れてしまったとします。カイテキオリゴ 赤ちゃん アトピー

その場面で所有し続けたらプラスになるためにはマイナス分、ドル高に向わなければなりません。アヤナスリニューアル

誰もがみんな、損はなるべく早く0にしたいと願うでしょう。

そのためはじめに取引したのと同額のドルを、1ドル=95円で売買します。

そうすると、ポジション全体の買い付けコストは1ドル=97.50銭まで低くする事が出来ます。

その結果、2.50円の幅でドル高に進めば、赤字を取り戻す事が出来ます。

これが、ナンピン買いの手法です。

こういうふうに、ナンピンの方法を目にすると「ごもっとも」という気分になるが為替はそう簡単に問屋を卸しません。

初めから、1ドル95円以下にならないとは誰一人としてわからないのである。

例として、相場が相当の円高ドル安基調だとすると、1ドル95円では止まることなく、さらにドル安になるリスクがある。

一例として、1ドル97.50円でナンピンをして1ドル95円まで円高が速んだら、ナンピン買いをしたポジションもマイナスが生まれます。

そういう状況では最初に持ったポジションと全部で、損が生まれる事になります。

この例のように、ナンピンはややこしいです。

では、為替が自身のシナリオとは反対の方向に向ってしまった場合、どんな術で危機を避ければいいのでしょうか。

そこで取れる術は限られています。

まずひとつめは観念して損を確定する事です。

もうひとつの手段としては現在、自分か保有しているポジションを小さくする事によって再度マーケットが戻るのを待つことだけです。

だいぶ主体性のない方法だと言う人もいるでしょう。

しかし、自分の買いポジションに為替差損が生まれた時最も妥当な手段はこれよりいいものはないです。

無論、机上では、ナンピンという対策もありえます。

けれどもナンピンは、自分か損失を出している場面にもかかわらずポジションを無くすどころか、それとは反対にポジションを積み増していく手法です。

これでは、危険をコントロールすることなど到底やりようがないと考えるべきです。

ナンピンをしていけばいつかは儲けが出るかもしれません。

けれども、それ以前に投資資金はショートしてしまいます。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.serce-jezusa.info All Rights Reserved.