とても無理だと思ったほうがいいです

ありふれたはじめたばかりの人向けのFXの情報では「損が生まれた時にはナンピンすることで全体の買い付けコストをコントロールする事が出来る」とアドバイスしていたりしますが実際はそれには大きな落とし穴がある。Tp200 母の滴

まず最初に、ナンピン買いの原理に関して簡単に説明しておきます。エステティックソシエの痩身コース体験記を口コミします!

たとえば、100円で1ドルを買ったとします。結婚式服装

$(ドル)買いですから、ドル高になるほど黒字が出るわけだが1ドル95円まで円高・ドル安方向に進んだとします。アメリカ留学に便利なカード

そのままの状況でポジションを維持し続けたら、損失が回復するまでには損した分円安ドル高に動く必要があります。カニ 調理

誰でも、損失はなるべく早く0にしたいと願うでしょう。中性脂肪 イマーク

そこで最初に売買したのと同額のドルを1ドルを95円で取引します。糖ダウン

それで、全体の価格は1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。看護師転職きっかけ

要するに、2円50銭の幅で円安に推移すれば損を回復できます。デルメッド 化粧水 口コミ

それが、ナンピン買いの理屈です。ワクメ

このような、ナンピンの手法を目にすると「まちがいない」と考えたりするが相場はそう易々と問屋を卸しません。

95円以下にならないとは誰一人としてわからないのである。

例として、為替がかなり強い円高地合であれば、1ドル=95円では下げ止まることなく、より一層円高ドル安に向う確率が高いです。

ひとつの例として、97円50銭でナンピンをしたとしても1ドル=95円まで円高が速んだらナンピン買いした分にも為替差損が生じてしまいます。

それでは、初めに持ったポジションと一緒に倍のマイナスが生じます。

例示したとおり、ナンピン買いは厄介です。

では、外国為替市場が己の脚本とは反対にすぐに行ってしまった場合、どんな手段で危機の確率を軽減すればいいのでしょうか。

この場面では取るべき方法は2つしかありません。

ひとつは観念してポジションを諦める事です。

別の方法としてはあなたが所有している買いポジションを小さくする事によって為替が元のようになるのを動かないで待機する事だけです。

ちょっと控えめなやり方だとおっしゃる投資家もいます。

だがしかし、自分が保持しているポジションに為替差損が出た場合、最も適切な方法はそれ以外には期待できない。

当然、考え方としてはナンピン買いを入れるという手法もあるように思える。

だけどナンピンは自分か損失を披っている状態で買いポジションを減らすどころかそれとは反対に買いポジションを積み増していく手法です。

この対策では、危険性を制御することなど、とても無理だと思ったほうがいいです。

ナンピンをしていけばいつの日にか勝てるかもしれません。

だけど、そうなる先にお金がショートしてしまいます。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.serce-jezusa.info All Rights Reserved.