つねに変化している相場

現実にノートPCの前で、つねに変化している相場を目を向けているとすぐに売り買いをしなければいけないという衝動に煽られる場面も少なくないだろう。スマイスターの口コミ・評判

だが、はっきりしない勘で売買するのだけは、避ける必要があります。妊活

知っての通り、外国為替市場は昼夜を問わず、常時いずれかで外国為替市場が開かれているし為替レートもいかなる時でも変化しています。アクアデオ

とは言っても、頻繁にエントリーを積んでいくと、それだけで損をする危険性が高くなってしまいます。バイオハザードファイナル ネタバレ

当たり前ですが、注文の数を積み重ねる事で次第に勝ち負けの確率が半々になるのは周知の通りです。

でもその事は「はっきりしないインスピレーションでエントリー」してしまうこととは話が異なります。

トレード回数を積み重ねるということは自ずから「ここだ!」と直感した確信を得たケースでの売り買いの回数を増やすという事を意味します。

特段の理由も無く、休む間もなくトレードを重ねるのとははっきりと違います。

マーケットの勝負にi挑むには、白分でよく考えてけじめをつけることが大事です。

「ここはいける」と考えた為替相場の時には、思い切ってポジションを多くして、覚悟を決めて儲けを狙います。

「少し悩ましい市場でどう上げ下げするのか読めないな」と思案した時は、思い切って保持ポジションを全部見切りをつけて黙っています。

これくらいのメリハリをつける方が、売り買いは勝てます。

外国為替市場の格言には「休むも相場」というものがある。

文字通りその通り。

相場とはいついかなる時でもポジションを所有する事が肝心な事ではなく、どの売買ポジションも持たないで待っている事も事態によっては相場なのである。

そうであるならば、どのタイミングで、休めばよいのだろうか。

第1に考えられるのが、先に述べたように、最近の外国為替市場がしっかりと良く見えない時です。

現状からドル高になるのか、ドル安になるのかが見通せない時は、間違って判断すると、自分自身の思ったストーリーとは異なった方向に外国為替市場が推移してしまい損をする事になります。

こうしたケースではポジションを0にして、そのまま様子を見ているのがいいと思います。

ふたつめは、自分自身の体の具合がすぐれない時。

健康状態と為替相場に何の影響も与えないと感じる方もいるだろうが。

思ったより関係がある。

コンディションがすぐれなければ、為替相場の判断しなければいけない場面で落ち着いた決定をする事ができなくなります。

やる気がわかない時は、トレードから遠ざかる事も大事な事です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.serce-jezusa.info All Rights Reserved.