実のところ算出様式にいろいな手法というものがあります

ローンに関しての引き落し方式は会社によってかなりずれというものがありまして、様々な手法が導入されております。

基本的なところでは残高スライド法やリボルディング払い方法がとられているようです。

こういった誰しもがご存知のリボルディング払ですけれども、実のところ算出様式にいろいな手法というものがあります。

またそんな方式に応じて返済トータルが変わってきてしまうのですから、理解しておいて負担はないでしょう。

易しく両者のやりようのギャップに関して説明します。

ひとつは元金均等払い二つめは元利均等払いというものです。

これらはその名を冠する通り、元本を均等にして払っていくというものと元金と利息に関してを合わせて均一に払っていくという手法になります。

このケースではもし10万円を借りたと設定し実際問題としていかような勘定をしていくのか試してみましょう。

利率はどっちも15%として計算します。

更にリボルディングに関する支払を1万円というように試算します。

差し当たって元金均等払いからです。

こういうケースの初回の引き落しは1万円に対して金利分1250円を加算した金額となります。

次の支払いは1万円へ金利の1125円を足した額になります。

かくして全部で10回にて支払を終わらせるといった手法になります。

これに対して元利均等払いははじめの支払は1万円ですがそこから元本へ8750円、金利に1250円といった具合で割り振りをします。

その次の返済については元本が8750円へと減少した状態で利息を計算して1万円から更に割り振ります。

つまり、元利均等払いのケースでは10回で支払が完済しないという算出になったりします。

これだけの違いで二方がどのくらい変わっているのかたっぷり分かって頂けたことでしょう。

元利均等というのは元金均等と比較し、明白にもと金が減っていくのが遅くなっているという弱点が存在したりします。

すなわち利率といったものを多く返済するというようなことになってしまうのです。

一方で1度目の引き落しが小さな金額で済んだという長所というものも存在したりするのです。

こういう支払い形式に関する差異に応じて、返済総額というものが異なってきますので自分の返済計画に合致する計画を採用するようにしてみてください。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.serce-jezusa.info All Rights Reserved.